知りたいような知りたくないような特殊清掃

特殊清掃まとめサイト

孤独死、自殺の増加にともない特殊清掃も必要とされる時代となってしまったようです。

特殊清掃まとめサイトのメイン画像

知りたいような知りたくないような特殊清掃

特殊清掃と聞いて何を思い浮かべますか。

清掃はもちろん、掃除や片付けのこと、と安易に想像が出来ます。

しかし、特殊という部分にはイメージが漠然としすぎて、明確な答えがすぐに出てきません。

この、想像のつかない特殊清掃が今、裏バイトとして人気なのだそうです。

一般的に特殊清掃と呼ばれる仕事として何でしょうか?
アパートで賃貸人が孤独死や自殺で死を遂げ、あまりにも死臭や死痕が強い場合、不動産管理会社が、特殊清掃業に依頼することがメインです。

自殺者や孤独死をした部屋には、想像を絶する汚染物やゴミがあふれ、害虫、異臭もすさまじいものだと聞きました。

もちろん発見が早く、幸いにも部屋の原状復帰が用意であれば、特殊清掃は必要ないでしょう。

しかし前の入居者が自然死ではない死を遂げた場合は、不動産管理会社も前もって新しい入居者に知らせる義務があります。

当然入居率は下がり、不動産屋さんとしては、自殺者や孤立死をされるのは頭が痛い問題のようですね。

家財撤去にも意外とお金が掛かるそうです。

遺族と連絡が取れて、家族が撤去に応じてくれればすむ話ですが、そうもいかないのが現代の高齢者社会の厳しい現実。

死体からは体液がにじみ出たりすると、床が浸食され、原状回復工事の費用もとてもかさみます。

感染症も心配になります。

感染症予防のために、特殊清掃チームは完全防備のうえで除菌、消毒作業などの作業にあたるようです。

思っているよりもずっと大変そうな仕事ですね。

よかったらコメントをお願いします。

ペンネーム

URL

性別

男 /

コメント